理想の防音性能を兼ね備えた防音室を作る|防音ライフスタイル

悪徳業者を見極める

部屋

音の基礎を知っておくだけでも、どのような施工をしたら防音ができるのか、ということが理解できるようになります。悪徳業者の場合は、手抜き工事をして費用を抑えているので、注意したほうが良いです。

More Detail

詳細な費用

作業員

防音工事というのは、目的や部屋の状況によって、工事内容や費用が大きく変わります。そのため工事を行なう前に、目的や希望を専門業者にはっきり伝えることがとても重要になります。

More Detail

大切なポイント

インテリア

楽器の中でも、ドラムは大きい音が出るので、防音工事をする際は注意したほうが良いです。大切なポイントを抑えておけば、防音工事で大きな失敗をすることもありません。工事をする前に、ある程度の施工方法は知っておいたほうが良いです。

More Detail

防音のタイプ

男の人

防音室を作る場合は、空気伝搬音と固体伝搬音を防がなければなりません。空気伝搬音とは、人の話し声やテレビの音など、空気中を伝わる音のことです。対して固体伝搬音とは、足音やトイレの排水管の音など、床や壁を振動として伝わる音のことです。空気伝搬音を防ぐ最適な方法は、壁や窓を多重にすることです。壁や窓を多重構造にして、さらに壁と壁の間に吸音材を入れることで、遮音効果が高まるのです。また、隙間を無くすことも重要です。ドアや窓の隙間などが多いと、そこから音が通り抜けてしまいます。そのような隙間を無くすことで、空気伝搬音を防げるようになります。固定伝搬音を防ぐ方法は、床にマットを敷いたり、二重床で振動を抑えたりなどがあります。防振マットや防音カーペットを敷くことで、音や振動を軽減できます。

防音室を作る方法は色々あるので、目的や予算に合った方法を選ぶと良いでしょう。引っ越しの可能性があるという場合は、ユニットタイプが向いています。ユニットタイプとは、ボックス型の防音室を設置するというものです。形は決まっていますが、メーカーによって部屋の種類や遮音性能は異なります。部屋の大きさを活かせる防音室が、フリータイプです。フリータイプとは、部屋のサイズに合わせて遮音パネルを組み合わせるというものです。5日~7日程度組立に時間がかかりますが、スペースを有効活用できます。しっかりお金をかけて防音室を作りたいという場合は、防音工事を行ないましょう。防音工事なら、2つの部屋を拡張したり、楽譜棚を設置したりなど希望に合わせて自由に作れます。お金も時間もかかりますが、自由度は高いです。